なんか、変...

1993年12月、大学3年生の20歳だった私。ごく普通の日曜日でアルバイトもなく、ごくごく普通の休日。近所の本屋にでも、立ち読みに行くかー、と  自転車に乗った私。

自宅を離れて3分くらい経ったころでしょうか、左胸の辺りで何かがブチッと切れたような感覚がありました。で、どーゆーワケか、それからなんだか咳が出る、気のせいか、息苦しい。自転車こぐ度に咳が出るって感じで...なんか、変...

少々...いや、かなり気になるので、本屋に行くのは断念して自宅に引き返した私。
とりあえず部屋に布団を敷いて横になる...それでもやっぱり、咳が出るのと息苦しいのは変わらない。

その日は、晩ご飯も少ししか食べられず、なんか、変だなー、の状態が続いてました。気になるので、22時前に布団に入る。でも、苦しくてなかなか寝られない...。
もがき苦しんでいるウチに気づいたら夜中の2時!!さすがにコレはオカシイ!と思い、

「このまま3時まで寝られなかったら、タクシーか救急車を呼んで病院に行こう!」
と心に決める。

この決心が良かったのか、ナンなのかはわかりませんが、その後、無事に寝られたようで、次に意識があったのは、いつもの7時の目覚まし時計に起こされたときでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。