やっと出た|排便

いやぁ、やっと出ましたですよ、大きいの
昨日まで、お腹の張りはあるものの便意が無い、そんな感じでした。

さすがに出ない日が続いていたんで、看護師さんも心配して、
「とりあえず、ポータブルトイレ、持ってきてみようか。座ったら違うかもよ。」
↑なんて言ってくださって。

うん、確かにそうだ! 今はベッドの上で寝てるか、座っているかの状態、便器に座れば、その気になるかも!?
という訳で、ポータブルトイレ、登場♪

簡易トイレ

簡易トイレ

で、さっそく便座に腰掛け、トライ。力を入れてみるものの...やっぱり出ない...

ただ、なんとなく、少しずつだけど、出そうな気配にはなってきた。で、頑張ること10分くらいかな...やっと出た
いやー、長かった 貯まってた割には量はそんなに多くなかったけど、とにかく出たことが嬉しいよ
ビックリね、スゴイね、便器の力。座っただけで大違い。エライぞトイレ♪

と言いつつ、早くこのトロッカーが抜けないものかと、祈らずにはいられなかった私です。やっぱり病室でってのはね、若干抵抗ありますからね。

そう言えば、友人から聞いた話。カレコレ、5年以上前の話だから、今はきっと、技術が進歩して、こんなことにはなってないと思うけど...
半導体の製造工場での話。クリーンルームの一番クリーン度の高い部屋では、ドアの開閉回数も限られていたそうです。そうなると、トイレの回数も限られる...そうは言っても、自然の摂理にはかなわないワケで...では、どうするか。とっておきのアイテム登場、オムツ

外に出られないから、中でそのまましてしまえってことね。クリーンルームの中だから、つなぎの無塵衣(ホコリが出にくい服)。マスクして防護メガネして...の状態で、そのままオシッコするってワケね。もちろん、密閉されているから、しても大丈夫なのは理解してるし、ずっと我慢していると、したい気分にはなる。
だからと言って、素直にオシッコできるかっていうと、そんなワケでもなく、やっぱり抵抗があるワケね、服を着た状態で排尿するっていうのは。

出したい、でも出ない...こんな状態が続いて、膀胱炎が職業病だったそうな。

なんか、分かる気がするなー。しても良いってことと、実際にするってことは大違いだもんね。
快眠、快便は健康の証、ですね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。