オシッコの話(その2)

HCUから一般病棟に戻れたものの、トロッカー挿入中、その先にはナニやらゴッツイ容器。ガラス製のデシケータで、その先はポンプにつながっていて、陰圧になるよう引っ張ってるんです。まぁ、コレが空気を抜くのと、血液や体液を抜くのを兼ねた大事な大事な容器なんだけど。

で、看護師さんから聞いた話。
実は、もっと小さな容器があるらしい。
でも、主治医の先生のこだわりがあるらしい。

何せ、胸部外科長で、副院長も兼務している、大センセーですからね、誰も逆らえないワケ。若手の先生方なんか、ビクビクしていますもの。

肺の様子を見るために、打診法って言って、トントンって指でたたいて、そのときの音を聞いて胸腔内の空気の有無を診断ことがあるんですけど、若手の先生の打診法を横で見ていた大先生が...

そんなやり方でわかるかー バッチーン と、トントンやっている若手の先生の手を、主治医の先生が叩いて注意なんて光景もあったりなんかして。こんなん自分のお腹の上でやられたら、患者も緊張しまっせ。
多分、私、大先生の問診の時、緊張して心拍数高くなってたんじゃないかなー。

で、ベッドの上で寝るか、せいぜいベッドの横に腰掛けるくらいしかできない私。生活の全てをベッドの上でこなさないと行けないワケですね。食事、歯磨き、そしてトイレ食事はなんとかなる、歯磨きもかろうじて。ただね、トイレはナカナカ厳しいものがあるの。オシッコは訓練の末、なんとか...
尿瓶を使ってですけど、出るようになりました。ようやく膀胱に貯まったときに、あーオシッコしたいって言う感覚が戻ってきたって感じね。ただね、お通じがないの、なかなか。手術前日と当日は点滴のみとは言っても、手術の次の日から徐々に食べ始めて、カレコレ4,5日になるんじゃないかな。でもね、不思議なことに便意がないの。大丈夫かな ちょっと無理に力んでみたりもなんかして。まぁ、生理現象、自然に任せるのが一番なのですが...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。