開胸手術決定

昨晩、タクシーで武蔵野赤十字病院に来て、そのまま入院。そりゃーもー、熟睡ですよ。心身共に疲れたし、呼吸困難の原因が気胸だってことがわかったし。
胸にチューブ(ドレーンとかトロッカーって言うらしい)を入れて、貯まっている空気が少し抜けたので、呼吸はかなり楽になりました。これも熟睡できた要因の一つね。レントゲンを見ても、ゲンコツ大だった肺も、かなり膨らんでいるのが見てとれます。リアルに写真で分かるので安心感ありますね。

両親と主治医の先生、そしてお付きの若手の先生2名と面談。今後の方針について話し合うことになりました。

自然気胸の治療方法はいくつかあります。

・安静:軽度の気胸であれば、安静にしているだけで治ることもあるらしい。

・胸腔(きょうくう)ドレナージ:肺に管を入れ、中に貯まっている空気を抜く。正に今の自分がこの状態。

・内視鏡手術:胸部に3ヶ所程度穴を開け、そこから内視鏡を入れてブラを除去する手術。

・開胸手術:ガバッと胸を開いて、ブラを除去する手術。

で、主治医の先生曰く。

「かなり激しい気胸で、左肺の上部に多数のブラが見られます。内視鏡では除去しきれるかわからない。」
とのこと。また、気胸は再発率の高い病気で、安静だと50%程度内視鏡による手術でも20%程度の再発があるとのことでした(いずれも1993年当時の話:今は内視鏡手術の技術がかなり進歩しているらしいです)

開胸手術であれば、1%未満の再発率とのことなので、その方向で話を進めて行くことになりました。

手術なんて、生まれて初めて。まぁ、入院そのものが初めてだったのですが。
ナンでも全身麻酔の手術なんだそうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。