新型コロナと喘息の関係は?

前の記事で気胸と新型コロナの関係について調べてみました。

新型コロナと気胸の関係は?
↑詳しくは、こちらをクリックしてくださいね。

Covid19と喘息の関係って?

呼吸器系の疾患で、咳が出る疾病ということで、喘息はどうなのかな?って気になって調べてみました。

新型コロナウイルス流行期に、喘息の方に知っておいてほしいこと
↑お医者さんがかかれたブログの記事で、このようなものを見つけました。

医療法人社団 加藤医院 という医院さんのお医者さんが書かれたブログの記事によりますと...

現時点では、通常の喘息が新型コロナウイルスの感染や増悪に関与するとは言えないとは言えると思います。

↑とのこと。
喘息であることで新型コロナウイルス肺炎になりやすくなるということに関しては否定的な論文が1本出ていて、それ以外にはデータはないとのこと。
顕著な関連性は、今のところ見られないということのようです。

ただ...

喘息の方にとって、今回のことで一番のリスクになりうることは、治療が不十分であったり、中断されていたりで(一見症状がないとしても)しっかりとコントロールされていないこと、ということになります。

↑とも書かれています。

新型コロナの重症患者さんが優先されるのは仕方がないと思いますが、それにより新型コロナ感染症以外の疾病の方、さらにそれらの疾病で軽症と判断される方は、どうしても後回しにされがちになるでしょう。

また、新型コロナの影響による外出自粛で、そもそも医者へも行かないという判断をするかも知れません。それがリスクとなってしまいますが。

また、喘息の治療には「ネブライザー」と呼ばれる薬液を霧状にして気管支や肺におくるための医療機器を使うことがあります。
この方法ですと、霧が部屋中に広がるので、飛沫感染の恐れがあります。

新型コロナの主な感染経路は接触観戦のようですが、特定の条件下では空気中を浮遊するエアロゾルによる感染の可能性が指摘されているので、ネブライザーの使用を中止する医療機関も増えてきています。

上記の医療法人社団 加藤医院さんの記事に、このようなページへのリンクがありました。

喘息コントロールテスト(ACT:アクト)
↑今現在、喘息のある方、過去に喘息になったことのある方は、是非ともこちらのACTやってみてください。
設問は5つだけですので、ものの1~2分程度です。

また、日本アレルギー学会のホームページに、こんな情報もありました。

新型コロナウイルス感染における気管支喘息患者への対応 Q&A(医療従事者向け)
お医者様向けなので少々、日本語が難しいですが、参考にはなると思います。

一般的なコロナウイルスでも感冒症状を引き起こすこと、また新型コロナウイルス感染症では肺炎を生じていることから、気管支喘息患者が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合も喘息増悪をきたし、それに伴って呼吸不全が重症化する危険性が考えられます。

↑との一文もありました。

とにかく喘息には、日頃のコントロールが必要ということのようです。

幸い今の私は喘息の症状は出ていませんが、完全な状態(トータルコントロール)ではない方、少しでも気になる方はかかりつけのお医者さんや、より喘息に詳しい呼吸器系の病院に相談されるのが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。